【事務局】平日/9:00~17:00
phone011-233-1029
事務局だより
事務局だより

助成事業「イコロの森ミーツ・アート2021 -森の野外美術展ー」開催

ご案内チラシ表

ご案内チラシ裏

苫小牧市植苗の森の中に、野外美術館がオープンします。テーマは「共生」Simbiosis。
自然豊かな森に佇むアート作品は、今を生きる私たちに何を語るのでしょうか。


2021年度道銀芸術文化助成事業
イコロの森ミーツ・アート2021
-森の野外美術展ー

 会 期 
公開制作 2021年9月11日(土)~15日(水)
展示会期 2021年9月16日(木)~26日(日)
 時 間 
10:30~16:30

 会 場 
イコロの森「森の学校」周辺の雑木林エリア
Garden Cafe チセ

苫小牧植苗565-1
 出展者 
會田千夏、五十嵐ユースケ、上ノ大作、川上りえ、キシモトユキオ、澁谷俊彦、中村修一、林亨、菱野史彦、八子直子
 入場料 
無料
 問合せ 
ikor.meetsart@gmail.com(実行委員会)

MESSAGE

イコロの森は、新たな可能性の探求を目指して、現代アートの美術展を開催致します。
気候変動、環境破壊といった切迫した現代に生活環境と自然環境とアートの在り方を問いかけます。
この森はイコロ(アイヌ語で宝物の意)と名付けられ、緑にあふれ様々な動物や鳥たちも生き生きと暮らす豊かな森ですが、雑木林には多くの倒木が目立ちます。根こそぎ剥ぎ取られた樹根と周りの土を観察すると、腐植土の層は僅か1m足らずで、その下は火山灰層なのです。ここは樽前山の噴火によって形成された火砕流台地のため、このような事象が起きてしまうのです。地名である植苗はアイヌ語でウエンナイ「悪い川」の意味です。
やさしさと厳しさを合わせ持つこの森を舞台に展開される新しい野外美術展にぜひお越しください。

イコロの森ミーツ・アート実行委員会


 

2019年、5名の道内作家によってスタートした野外美術展。2020年はコロナ禍の中参加予定作家によるWEB展覧会となりました。そして、2021年は完全開催を目指します。
イコロの森は、熊や鹿、リスなど多くの動物の通り道、生息地です。野生動物も植物もわたしたちも自然の一部です。現地での注意事項を遵守し、マナーを守って安全にお楽しみください。

*アーティストトーク開催のお知らせ*
9/20(月祝)13:30~ 各作家が作品解説を行います。
■新型コロナウイルスの感染拡大により中止の場合あり。
 公式ホームページ等でご確認ください。

「イコロの森ミーツ・アート」公式ホームページはこちらから
「イコロの森ミーツ・アート」Facebookはこちらから
「イコロの森」公式ホームページはこちらから

中村修一さん作品(2019)

半谷学さん作品(2019)

菱野史彦さん作品(2019)

末次弘明さん作品(2019 )

澁谷俊彦さん作品(2019)

2019年 アーテイストトークの様子

チラシ表面はこちらから
チラシ裏面はこちらから

← 一覧へ戻る

外観
お問合せ・プライバシーポリシーはこちら

財団事務局

〒060-0042
札幌市中央区大通西4丁目1番地 道銀ビル別館8階
TEL (011)233-1029 / FAX (011)221-0481
地下鉄大通駅出口9より徒歩1分
市電西4丁目停留所徒歩1分

事務局営業時間 平日9:00~17:00
(土・日・祝・銀行休業日は休み)