事務局だより

☆助成事業☆ 「第10回 おんがくとたいせつなもの ~うたといきる~」のお誘い

コンサートチラシ表

コンサートチラシ裏

次藤正代さん(ソプラノ)と森洋子さん(チェンバロ)がプロデュースするシリーズの第10回が、七飯町上藤城会館で開催されます。ゲストには鳥海寮さん(テノール)をお迎えし、オペラの魅力を存分にお楽しみいただきます。皆様どうぞご鑑賞ください。

~・

【平成30年度道銀芸術文化助成事業】

第10回 おんがくとたいせつなもの ~うたといきる~

【出演】 次藤正代(ソプラノ)、森洋子(チェンバロ)、鳥海寮(テノール)
【日時】 平成30年10月8日(月・祝)
           午前の部11:00 開演/ 午後の部14:00開演(開場各30分前)
【会場】 上藤城会館 (亀田郡七飯町上藤城5-1)
【料金】 一般2,000円、中高生1,000円(要予約、茶菓子付)
         小学生以下無料(要整理券、保護者1名につき2名まで。茶菓子なし)
【主催】 IL TEATRINO ~イルテアトリーノ~
【お問合せ】090-2814-9361(イルテアトリーノ・次藤)

  *プログラム* 

  J.Sバッハ / BWV.110 “いと高きところに栄光、神にあれ”

           BWV.145 “私は生きる 私の心よ私はお前を喜ばすために”

  D.スカルラッティ / ソナタK.30 “猫のフーガ”

  G.F.ヘンデル / オペラ「リナルド」より “泣くがままに”   他

~・♥♪♥・♥♪♥・~・♥♪♥・♥♪♥・~・♥♪♥・♥♪♥・~・♥♪♥・♥♪♥・~・

IL TEATORINO (イルテアトリーノ) イタリア語で「小さな劇場」 

「笑いあり涙あり」本来娯楽として楽しまれてきたオペラを、身近な場所で上演することを目指して2011年にスタート。バロックの演奏形式に基づき、小さなアンサンブルによるオペラの楽しみを届けています。この活動に加え、音楽とたいせつなものを組み合わせるコンサートを開催。「おんがくとたいせつなもの」は生の音や言葉、感情を伝えたり受け取ったりすることを大切にしています。

~コンサートチラシより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018年はバッハ、ヘンデル、スカルラッティの生誕333年の年。この記念の年に、さらに「おんがくとたいせつなもの」第10回の記念として、東京から鳥海寮さんをゲストにお招きし、これらバロック音楽の巨匠3名の作品を中心に、ソロ、デュオ、アンサンブルで多彩なプログラムを皆さまにお届けします。

アットホームな雰囲気でより親しみやすく、音楽を身近に感じていただく距離感を大切にしながらも、演奏は本格的なものをとの熱い思いが伝わります。地元に人気のお菓子屋さん提供によるスウィーツも味わいながら、まさに五感で堪能いただける豊かな時間を過ごせそうです( ^ω^ ) 

1回の入場数には限りがあり、いずれも予約が必要です。午前と午後にステージがありますので、お早めにお電話にてご予約下さい。たくさんの皆様のご来場をお待ちしておりますヽ(^o^)丿

第1回「カラダにやさしい新鮮野菜と生の音楽とおはなし」

第7回「はがきに描かれた街はこだて」

第8回「春の和を楽しむ」

第9回「イタリアの香り」

島松in夢創館

← 一覧へ戻る

PAGE TOP