事務局だより

☆助成事業☆ 「菅原利美 ソプラノ・リサイタル ~プッチーニが描く女たち~」のお誘い

コンサートチラシ

菅原利美さん(ソプラノ)

北海道二期会の会員で上富良野町在住の声楽家(ソプラノ)菅原利美さんが、11月にザ・ルーテルホール(札幌)にてリサイタルを開催します。プッチーニの数々の歌劇からアリア、テノールとの二重唱を含め、皆様にステキな音楽をたっぷりとご紹介します。どうぞお誘いあわせの上ご来場ください。

+++++++++++++++

【2019年度 道銀芸術文化助成事業】

菅原利美 ソプラノ・リサイタル ~プッチーニが描く女たち~

【出演】  菅原利美 (ソプラノ)、小野弘晴(テノール)、奥出かおり(ピアノ)

     音楽監修:牧村邦彦

【日時】  2019年11月9日(土) 開演15:00/開場14:30

【会場】  ザ・ルーテルホール(札幌市中央区大通西6丁目)

【料金】  全席自由 3,500円

【お問合せ・ご予約】 ssgth10_13@ybb.ne.jp(菅原)

♫~プログラム~♫

 歌劇「妖精ヴィッリ」“もしお前たちのように 小さい花だったら”

 歌劇「マノン・レスコー」“この柔らかなレースの中で”

 歌劇「ラ・ボエーム」“冷たき手~私の名前はミミ~おお麗しい乙女よ” 

 歌劇「トスカ」“マリオ マリオ!僕はここにいるよ!~この世のどこにあるのだ”

 他

+++++++++++++++

♪~MESSAGE~♪

今回は私にとりまして夢でもありましたプッチーニオペラ一色でのリサイタルでございます。

テノールに今東京で活躍する小野弘晴氏、そしてピアノには道内外で活躍する奥出かおりさんを迎え牧村邦彦マエストロの監修のもとプッチーニが描く様々な女性を表現したいと思っております。

かなり濃いプログラムとなっておりますが、10年ぶりのリサイタルをしっかり歌い切りたいと思います。是非、ご来場お待ちしております。

菅原利美 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

尚美学園短期大学を卒業後、イタリアへ渡りミラノ音楽院でさらに研鑽を積まれた菅原さん。北海道二期会の「霊媒」「カルメル会修道女の対話」「トゥーランドット」「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」「ヘンゼルとグレーテル」など数々のオペラに出演され、2015年には北海道二期会創立50周年記念公演「アイーダ」にてタイトルロールも演じられました。

道銀文化財団ともご縁が深く、平成16年度第14回道銀芸術文化奨励賞を受賞され、最近では、2017年に当財団主催による「北海道立近代美術館開館40周年記念コンサート」にもご出演いただきました。歴史と風格のある美術館のロビーに響く利美さんの美しい歌声はたくさんのお客様を魅了し、開館40周年記念に相応しい豊かな時間を皆様と共に過ごすことができました。

そんな北海道のオペラファンには皆様お馴染みの「利美さん」ですから、久しぶりのこのリサイタルを心待ちにされていた方も多いと思います。

チケットは好評発売中!完売が予想されますので皆様お早めにチケットをお買い求めください

急いで行かなくちゃ~ヽ(^o^)丿♡♪~

小野弘晴さん(テノール)

奥出かおりさん(ピアノ)

← 一覧へ戻る

PAGE TOP