事務局だより

♪後援事業♪ 「ドラマティックコンサート vol.2 オペラ アディクション」のお誘い

コンサートチラシ表

コンサートチラシ裏

Addictionとは「中毒」。日本オペラ振興会・藤原歌劇団所属ソプラノ倉岡陽都美さん、バリトン大野浩司さん、新進ピアニスト三本木力哉さんが、傑作オペラよりハイライトやアリアなどを演奏。オペラ・アリアの編曲ピアノソロもお楽しみ頂けます。

「中毒」とは刺激的なタイトルですが、毒は毒でも「良毒」とのこと。オペラの毒に魅了され、ドラマティックな一夜をお過ごしください。

++◆+・◆+・・+◆◆+・◆+・++◆+・◆+・・+◆◆+・◆+・

道銀文化財団後援事業

G.Chiaro presents ドラマティックコンサート Vol.2

 Opera Addicition オペラ アディクション(中毒)

【出演】  倉岡陽都美(ソプラノ)、大野浩司(バリトン)、三本木力哉(ピアノ)

【日時】  2019年10月20日(日) 19:30開演/19:00開場 

【会場】  札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ(札幌市中央区北1条西1丁目)

【料金】  全席自由 一般3,000円、学生1,500円

【お問合せ・ご予約】 011-685-3779(G.CHIAROコンサート事務局)

♫~プログラム~♫ 

 ヴェルディ   「ドン・カルロ」より ‟世の虚しさを知る神よ”

 ドヴォルジャーク    「ルサルカ」より ‟月に寄せる唄”

 ヴェルディ    「オテッロ」より ‟イヤーゴの信条”

 ヴェルディ   「マクベス」より ‟哀れみも誉れも愛も”

 ワーグナー// リスト  「イゾルデの愛の死」  他

++◆+・◆+・・+◆◆+・◆+・++◆+・◆+・・+◆◆+・◆+・

OPERA ADDICTION

「人を惹きつけるオペラには毒がある。」

運命に翻弄される者たちの哀れみと恐れ、歪んだ信条は、

愛や死によって結末を迎え、我々に内在する毒に触れようとする。

傑作オペラの激動シーンからなるドラマティック・コンサートを通じて、

我々が本能的にそなえている❝良毒❞を内観してみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソプラノ倉岡陽都美さんは夕張市出身。オペラの世界からの声に導かれ15歳でオペラ歌手を志し、昭和音楽大学卒業後イタリアへ渡りました。オペラ発祥の国で愛と芸術に生き、数々の歌劇場で出演を重ねてはさらに研鑽を積み、現在は拠点を日本に移し、世界へ向けて活躍しています。

バリトン大野浩司さんは札幌市出身。北海道教育大学岩見沢校卒業後、新国立劇場オペラ研修所第17期修了。国内外でもさらに研鑽を積み、数々のオペラ公演に出演されています。

ピアニスト三本木力哉さんは現在札幌大谷大学4年に在学中。学生ながら数々の賞歴・演奏歴を持ち、新進ピアニストとして目下大注目の逸材で、今回は歌の二人を演奏で支え、さらにソロ演奏で皆様を深い深いOPERA ADDICTIONへと導いてくださることでしょう。

チケットは完売が予想されます。どうぞお早めにお買い求めください。(*^o^)/\(^-^*)♡

倉岡陽都美さん(ソプラノ)

大野浩司さん(バリトン)

三本木力哉さん(ピアノ)

← 一覧へ戻る

PAGE TOP