事務局だより

●主催事業●「現在を見つめる眼~Vol.13 市立札幌旭丘高等学校受賞記念展」のお誘い

ご案内チラシ

受賞作品「手塩にかける」(木版画)

5月8日(水)より、北海道銀行本店営業部1階ロビー(札幌市)において、全国高校美術部生による版画作品展を開催します。

今年の3月に佐渡市で開催された「第19回全国高等学校版画選手権大会(はんが甲子園)」において、市立札幌旭丘高等学校が初出場し、最高賞である文部科学大臣賞を受賞しました。これを記念して、同校の受賞作品とその他優秀賞に輝いた全国のすばらしい作品を展示します。

作品と向き合う真っ直ぐな想いと、「現在(いま)」を見つめる高校生たちの視点でとらえた感性豊かな作品をどうぞご覧ください。

++◆◆++◆◆++◆◆++◆◆++◆◆++++

現在(いま)を見つめる眼~Vol.13 市立札幌旭丘高等学校受賞記念

 ≪第19回全国高等学校版画選手権大会優秀作品展≫

【会期】 5月8日(水)~31日(金) (土・日を除く)

【時間】 9:00~15:00(銀行営業時間内)

【会場】 北海道銀行本店営業部1階ロビー

     札幌市中央区大通西4丁目道銀ビル(地下鉄大通駅出口4・9直結)

【作品】 *文部科学大臣賞「手塩にかける」市立札幌旭丘高等学校

     上田彩さん(2年)、中原遥さん(2年)、三上晴可さん(3年)

    *中小企業庁長官賞「かの山」静岡県立伊東高等学校城ヶ崎分校

    *新潟県知事町「またお会いしたいです」埼玉県立熊谷女子高等学校

    *佐渡市長賞「トキの想い」大阪府立港南造形高等学校

    *佐渡版画村賞「ただいま」神奈川県立多摩高等学校    

【お問合せ】(公財)道銀文化財団事務局 011-233-1029

++◆◆++◆◆++◆◆++◆◆++◆◆++++

2001年に始まり、今年で第19回目を迎えた「全国高等学校版画選手権大会」(はんが甲子園)は、毎年3月に1校4名(選手3名、監督1名)が自然豊かで版画愛好家が多く住む佐渡の地を取材し、86㎝×55㎝の木版画作品を1点仕上げ、その技術を競う大会となっています。

全国の予選を勝ち抜いた14校が参加して行われた全国大会では、「佐渡からの眺め」をテーマに3日間かけて制作に取り組んだ結果、市立札幌旭丘高等学校の作品「手塩にかける」が見事最優秀賞の文部科学大臣賞に輝きました。

そこで、これを記念して、全国高等学校版画選手権大会実行委員会事務局様と市立札幌旭丘高等学校様にご協力いただき、同校の受賞作品を含む優秀賞作品5点を特別にお借りして、道民の皆様に作品をご鑑賞いただきます。ぜひこの機会をお見逃しなく、全国の高校生たちの豊かな感性溢れる版画作品をお楽しみ下さい。

たくさんの皆様のご来場をお待ちしております~

おめでとう!旭丘高校美術部チーム!!北海道の高校生はやっぱりたいしたもんだぁ~!ヽ(^o^)丿

表彰式( 左から上田さん、中原さん、三上さん、吉岡先生)

大会会場(新潟県佐渡市)

制作風景!

作品完成!!

塩釜工房の佐々木社長と旭丘チーム

塩釜工房

← 一覧へ戻る

PAGE TOP